コラム

デリケートゾーンを黒ずみを自宅(家)でこっそり簡単ケアできる方法!

この記事では、デリケートゾーンの黒ずみを自宅(家)でケアできる方法について紹介していきます。

デリケートゾーンの黒ずみは、恥ずかしくて誰かに相談するのも難しいですよね。

間違ったケアをしていると、余計に悪化することも・・

是非参考になれば幸いです。

デリケートゾーンを黒ずみを自宅(家)でこっそり簡単ケアできる方法!

病院にも行くにも恥ずかしくて抵抗がある人も多いと思います。

自宅でデリケートゾーンの黒ずみが解決できるなら嬉しいですよね。

簡単に自宅でケアできる方法を紹介していきますので是非参考にしてみてください!

専用のクリーム

日々の生活習慣で悪化させないことも大事ですが、『デリケートゾーン専用の美容液』を使用して自宅でケアしている人が多いようです。

金額も幅広いですが、高いものではないのでまずは自宅でケアできるクリームがおすすめです!

特に美白クリームは、肌荒れ改善や保湿効果など期待できる成分がたくさんあるので自宅でも改善できる人が多いんです。

乾燥していると、余計に黒ずみが悪化する原因となります。

デリケートゾーンはとても繊細なので、国産のものや成分が優しいものを選びましょう。

保湿効果だけなら・・・とニベアなどの薬局に売っているものでケアしているひともいるようですが保湿だけで改善とはならないので専用のクリームをおすすめします!

炎症を抑え、保湿もしてくれ、美白効果もある製品が一番効果的だと考えられます。

おすすめはイビサクリーム

専用のクリームでおすすめなのが、口コミ評価も高いイビサクリームです。

累計45万本突破している商品で、様々な部門で1位を獲得している商品です。

美白サポートカプセル・美容成分カプセルが配合しているので黒ずみとは縁のない透明感のある肌に導いてくれます。

何より嬉しいのが、合成着色料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベンの添加物を使用しておらず毎日使用できるほどやさしいクリームなんです。

デリケートゾーンだけではなく、ヒジ・ニキビ・肌荒れ・脇・ヒザに使用することができます。

▼▼▼30%オフでイビサクリームをお試しする▼▼▼


/医薬部外品だから効果が違う!\

洗うだけでいいMintmeは、いつものボディーソープをこれに変えるだけでケアできるので、忙しい女性や家族にバレたくない、という人にも人気です。

洗うだけで自信が持てる♡▲▲▲50%オフの1,400円でお試しする▲▲▲

デリケートゾーンを黒ずみ皮膚科の費用はいくら?

それでも、皮膚科に行って本格的に皮膚科に行きたい人のために費用がどのくらいかかるのか調査してみました。

有名な美容クリニックでは、塗り薬だと『ピンクインティメントシステム』という医療用のピーリング剤や『ハイドロキノン』という美白剤を処方しています。

更には『小陰唇縮小術』という手術により、黒ずんだ部分を切除し小陰唇の形を整えてくれます。

ピンクインティメントシステム:1本15,000円・4本54,000円

ハイドロキノン:5000円

小陰唇縮小術:250,000円

デリケートゾーンを黒ずみの原因は?

なぜ、デリケートゾーンに黒ずみができてしまうのか気になるところですよね。

原因は?

お肌は、摩擦などの刺激によりメラニン色素を作り出す働きがあります。

メラニンとは、日焼けやシミなどの原因となる色素のこと言いそれらを守るために生成されます。

ですので、デリケートゾーンに様々な刺激がありメラニンが作られ黒ずみとなるのです。

肌に刺激を与えないためにも日々の生活習慣で気を付けることが大事です。

何に気を付けるのか、見ていきましょう。

日々の生活習慣で気を付けること

ゆとりのある下着を着用する

締め付けるような下着を着用することで摩擦が発生し黒ずみの原因となってしまいます。

デリケートゾーンに直接あたるものなので、なるべく天然素材などのお肌に優しいものやゆとりのあるものを着用するのが良いでしょう。

またナプキンやおりものシートなどのムレや摩擦にも気を付けなければならないので、常に清潔なものに交換するのが良いです。

洗うときは優しく

黒ずみなので、こすれば落ちると思い乱暴に洗ってしまうことで摩擦が生じてしまいます。

石鹸を泡立てて、優しく泡で洗うのがよいとされています。

またトイレットペーパーなどでも、こすらず優しく吹いてあげるのが良いです。

なるべく柔らかい質のトイレットペーパーを使用すると良いでしょう。

規則正しい生活習慣

食事や生活習慣が乱れてしまうと、ホルモンバランスが崩れ排出されるはずだった垢などが肌に溜まり黒ずみの原因となってしまいます。

正しい生活習慣を送れば、肌のターンオーバーも正常に働いてくれます。

食事もメラニンを抑えてくれると言われている、ビタミンCなどを摂取するのも良いですね。

脱毛や毛の処理

専門的な場所で脱毛を行っていても、レーザーなどの刺激により黒ずみを作り出す原因になっている場合もあります。

信頼できるサロンでの脱毛やアフターケアをしっかり行うようにしましょう。

また、自己流の毛の処理は肌への負担が大きいのでサロンに行くのをおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみは自宅でこっそりケアしよう

今回は、デリケートゾーンの黒ずみが自宅(家)でもケアできるのかについて紹介していきました。

まとめてみると・・・

  • 自宅(家)でのケアは、専用のクリームで行う
  • 皮膚科での費用は塗り薬や手術によって異なる
  • 黒ずみの原因は、肌への刺激によるもの

是非参考になれば幸いです。