エンタメ

明石順平流行語大賞決定?!アベノマスクかアベノブリーフか?どっち

2020年4月2日のトレンドワード1位だった「アベノマスク」

安倍首相が「全世帯にマスクを2枚配布する」と発表したことを風刺した造語です。

トレンド入りしたことで、流行語大賞間違いなしとの声も多いアベノマスクですが、そもそも作られた経緯はどうだったのか?

アベノマスクの生みの親である、明石順平弁護士とは一体どんな人物なのか?結婚や子供、大学やエピソードなどをご紹介します。

果たして明石順平弁護士のアベノマスクは流行語大賞に選ばれるでしょうか?

明石順平流行語大賞決定?!世間の反応は?

アベノマスクがトレンド入りしたこと、そして「アベノミクス」をもじったゴロの良さから、流行語大賞確実だとの声がたくさんあります。

世間の反応はどうなのか?集めてみました。

受賞するのは生みの親の明石順平さんでしょうか。

さすがに安倍総理大臣は授賞式には来ないでしょうね・・・。

明石順平流行語大賞決定?!ブリーフみたいと話題 に!アベノブリーフ

配布される布マスク、会見で安倍総理大臣が着用していた、一般的なガーゼマスクを想像していた人が大半でした。

いわゆる、「給食当番マスク」ですね。

しかし、一般家庭に先駆けて医療従事者などに配られたマスクを見た人に「ブリーフみたい」だと感じる人が続出。

アベノマスクに続いて、流行語大賞の候補かと言われています。

確かに見えなくもないですね。

1回そう思ってしまうと、もはやブリーフにしか見えなくなるとの声が。

ここまで言われてしまうと、付けるのも恥ずかしくなりますよね。

しかも、耳にかける部分が伸縮性に乏しく、女性でもキツめだとか。

成人男性には厳しい大きさとのことです。

明石順平流行語大賞決定?!プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

umekichi(@umekichijan)がシェアした投稿

アベノマスクの生みの親は明石順平さん。

弁護士をしている先生です。

生年月日:1984年8月8日

出身:和歌山県

身長:168 cm

最終学歴:東京都立大学法学部、法政大学法科大学院卒業

ブラック企業被害対策弁護団所属

生年月日はタレントの橋本マナミさんと全く同じです。

なんと、身長も同じなんだとか。

現在は主に労働事件、消費者被害事件を担当している弁護士です。

著書も多数。

「データが語る日本財政の未来」 

「アベノミクスによろしく」

明石順平という名前は知らずとも、「アベノミクスによろしく」の本のタイトルは知っていた、という人も多いのではないでしょうか?

明石順平流行語大賞決定?!結婚はしてるの?子供は?

明石順平さんは結婚しているのか、子供はいるのか、調べたところご本人がツイートしていました。

結婚はしていないんですね。

離婚経験もないことから、子供ももちろんいません。

2020年4月現時点では、交際中の恋人もいない可能性が高いです。

弁護士としての活動や、執筆活動なども忙しいので、今はまだ、その時期ではないのでしょうね。

流行語大賞に選ばれる頃には、素敵なお相手に出会えているといいですね!