エンタメ

岸田周三シェフは結婚してる?子供は?プロフィールや画像も

ドラマ『グランメゾン東京』で、木村拓哉さんが演じる尾花夏樹の料理監修をしていた北品

川にある「カンテサンス」のオーナーシェフの岸田周三シェフ。

13年連続で三ツ星を獲得している天才シェフなんです。

若くしてオーナーシェフであり、イケメンな岸田周三さんは結婚しているのでしょうか。

お子さんはいるのか、結婚はしているのか、気になったので調べてみました。

岸田周三シェフは結婚してる?子供は?プロフィール

アナザースカイにも出演されるんですね!

岸田周三(きしだしゅうぞう)

生年月日:1974年8月8日

出身:愛知県

血液型:B型

2020年3月時点で45歳。

若く見えますね!

北品川にある「カンテサンス」というレストランのオーナーシェフです。

木村拓哉さん主演の「グランメゾン東京」で料理の監修をされたことが話題になりました。

「飲食業界に入ってみようかな、やってみようかな」という若い方たちが増えたらいいなという気持ちで、ドラマの料理監修のお仕事を引き受けたそうです。

結果として、監修されたことがとても話題になったので、大成功ではないでしょうか。

岸田周三さんは小さい頃、お母さんのお手伝いとして料理を始めました。

料理を始めたきっかけはお母さんを喜ばせたかったから。

そんなきっかけで始めた料理ですが、中学ですでに料理の道へ進みたいと決意するほどになります。

そして高校も料理科のある学校へ通います。

卒業後、三重県にある観光ホテル「ラ・メール」に入社します。

3年後、ラ・メールを退職し、東京渋谷区の「カーエム」に入社します。

4年間務めた後、フランスへ。ミシュラン三ツ星を含む、色んなお店で修行を重ねます。

3年間の修行ののち、2003年にパリの「アストランス」でパスカル・バルボシェフに師事。

翌年の2004年にはその店でシェフの次のポジション、スーシェフに抜擢されています。

そして2005年に退職し、日本に帰国。

翌年2006年に自分のお店である「カンテサンス」をオープンさせます。

この時は資金の問題から株式会社グラナダがお店を運営、シェフは岸田さん、ということになったそうですが、4回目の三ツ星を獲得した2011年に晴れて独立。

お店も北品川に移転しました。

1993  三重県、志摩観光ホテル「ラ・メール」入社
1996  東京都渋谷区のレストラン「カーエム」入社
2000  渡仏。数軒のレストランで修業
2003  パリの「アストランス」で、シェフのパスカル・バルボに師事
2004 「アストランス」にてシェフに次ぐポジションのスーシェフに就任
2005  スペインのサン・セバスチャンで開かれた、料理界でもっとも権威のあるガルシア・サントス主催の学会<LoMejor de la Gastronomia>に招かれ、パスカル・バルボシェフと共にデモンストレーションを披露。その後「アストランス」を退社して、帰国
2006  「レストラン カンテサンス」オープン
2007 11月 「ミシュランガイド東京 2008」で三ツ星を獲得
2011  運営会社の株式会社グラナダから独立し、オーナーシェフとなる。
2013  品川区北品川へ移転

生まれ持っての才能もありながら、努力もたくさんしてきたんですね。

岸田周三シェフは結婚してる?子供は?

2020年3月の時点で45歳の岸田周三シェフ。

結婚していてもおかしくはない年齢なので、調べてみたのですが、結婚しているという情報も子供の情報もありませんでした。

彼女の話も出てこないので、今はまだお仕事が楽しく、充実している時期で結婚などは考えていないのかもしれないですね。

噂などにもなっていないので、今までも一生懸命仕事に打ち込んできたのかも。

13年も連続で三ツ星を獲得しているのに驕りなど全くなく、常に前向きに楽しんで料理をしている岸田周三シェフ。

これからもどんどん素敵なメニューを生み出すのでしょうね。

一流のシェフなのに気さくでイケメンな岸田シェフ。

今後のさらなる活躍が楽しみです!