エンタメ

ミカエル・ミシェルの婚約者は元騎手の師匠!22歳差の師弟愛とは?

ミカエル・ミシェルを知らない方もいると思いますが、タイトルにある通り婚約者が元騎手の師匠と書いてあるので騎手だとわかりますね。

師匠となればお世話になっていて、会う頻度も高く交際に至ったのでしょうか。

これからミカエル・ミシェルの婚約者は元騎手の師匠!22歳差の師弟愛とは?についてお話していきす。

ミカエル・ミシェルの婚約者は元騎手の師匠!ミシェルプロフィール

ミカエル・ミシェルは1995年7月15日生まれ。

国籍はフランスでイエールで生まれました。

身長は158cmです。

幼少期から乗馬経験があり、マルセイユの競馬学校に通いました。2014年にプロのライセンスを取り、同年9月6日に初勝利しています。しかし練習中に落馬し1年半競馬から離れていました。

2019年8月に札幌競馬場で行われるWAJS(ワールドオールスタージョッキーズ)に出場するため初来日をし、これをきっかけに日本での騎手になるため日本の地方競馬の短期免許を取りました。

写真を見るととてもかわいいのですよね。その通り美人すぎる騎手と呼ばれています。見に来るファンの方もたくさんいそうですね。婚約者も羨ましいですね!

ミカエル・ミシェルの婚約者は元騎手の師匠!左手にはいつも指輪が!

とてもかわいい写真ですが手をハートにしている左手に指輪が見えていますね。

ファンの方もショックを受けたのではないでしょうか。左手に指輪をしていると彼氏がいるか結婚していると考えると思います。

先ほどの上の写真でも左手に指輪をしています。普段から隠さずずっと付けていて、レースでも外していないことになります。仕事柄指輪を外して仕事をする人もいますが、肌身離さずとても大事にしているんですね。

そんな指輪を大事にしているミカエル・ミシェルから愛されている婚約者がどんな人か気になりますね。次でお話していきますね。

ミカエル・ミシェルの婚約者は元騎手の師匠!婚約者は22歳年上のレポーター

https://www.instagram.com/p/B976RJXArqP/

 

この左に写っている方が婚約者です。インスタでも登場しているフレデリック・スパニュ。

フランスで騎手をしていました。既に2016年に引退をしていて、今はリポーターをしたりミカエル・ミシェルの指導にも携わっていて常にそばにいます。そのほか、騎乗馬の仲介などをしています。

師匠というのは本当でしたね!25年騎手をしていたので大先輩ということになります。インタビューされた際にも尊敬する1人に名前をあげています。

25年の騎手生活がありましたが、その時点で何歳なのかなと考えてしまいます。写真もダンディに見えますが、なんと22歳差。年齢で言うと40代半ば!親子にも間違えられるほど離れた年の差ですがとてもお似合いですよね!若い女性といると若くなるんですかね。

騎手の師匠でもあり尊敬していて、22歳上なので人生経験もあり常にそばにいたら恋におりますよね。

ミカエル・ミシェルの婚約者は元師匠!日本競馬(JRA)デビュー間近

2019年にWAJSに出場するために日本に来日しました。

日本では地方競馬の短期騎手の免許を持ちレースに出場していました。

JRAでは外国人騎手には短期免許と通年免許があります。

既に地方競馬の短期免許は失効しています。

将来はJRAの通年免許を取得したい。2年ぐらいあれば準備は整うと思います。

と話していました。

通年免許では筆記試験と口頭試験もあり、筆記試験は英語でも可能。口頭は日本語で話すので、そのために日本語の勉強も始めています。

これまで通年免許の試験を受けてきた外国人で受かったのはC・ルメールとM・デムーロ2人だけ。その受かったC・ルメールと同じ家庭教師に日本語を教わっています。

とても難関と言われている試験ですがミカエル・ミシェルと婚約者と二人三脚で頑張って欲しいです。

ミカエル・ミシェルの婚約者は元騎手の師匠!まとめ

ミカエル・ミシェルの婚約者は元騎手の師匠!22歳差の師弟愛とは?についてお話していきました。

元騎手で師匠の22歳差の婚約者とはとても頼れる存在で肌身離さず指輪をつけているミカエル・ミシェル。とてもお似合いの2人でした。

これから通年免許を目指して2人で支え合い頑張ってほしいですね。そして日本でまた活躍することを期待しましょう!