エンタメ

徳島市長(内藤佐和子)結婚してる?息子が映画デビュー!動画あり

全国の女性市長の中で最年少で当選した、内藤佐和子徳島市長。

最年少ということの他に、なかなかの美貌の持ち主であること、そしてバツイチで再婚したことなどが話題になっています。

記者会見での藍染のマスクも話題ですね。

今回は、最年少女性市長である徳島市長、内藤佐和子さんについて、結婚のこと、離婚のこと、現在再婚したご主人は誰なのか、などをご紹介します。

徳島市長(内藤佐和子)の結婚と離婚?息子の名前は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝日新聞(@asahi_shimbun)がシェアした投稿

内藤佐和子(ないとうさわこ)

生年月日:1984年3月28日

出身:徳島県徳島市

出身校:東京大学法学部

現在、旦那さんはIT起業家とのこと。

社長さんですね。一般人のため、画像などはありませんでした。

内藤佐和子市長は1児の母で、息子さんもいらっしゃいます。

息子の名前は内藤大世(ないとうたいせい)さん。

2019年、徳島県が制作し、三好市出身の蔦哲一朗が監督した短編映画「AWATURN」に主人公「サワコ」役で出演したとき、息子の大世さんも「タイセイ」役で出演したとのこと。

序盤で海に向かって「やっほー!」と叫んでいるのが息子の大世くんです。

しっかりと主演の欄にも名前があり、お母さんである内藤佐和子市長よりも先に名前がありますね。

離婚して再婚したとの噂がありますが、これに関してはどこにも情報がありませんでした。

しかし、現在の旦那さんの仲は良好とのこと、息子さんもすくすくと育っているので幸せそうですね。

徳島市長(内藤佐和子)の結婚と離婚?マスク

この記者会見で着用していた、藍染マスクについても話題に。

徳島は藍染めの元となる藍染料「蒅(すくも)」づくりの本場として、現在もその伝統が引き継がれ ています。

マスクでもしっかりと地元をアピールしています。

永原レキさんという方がプロデュースしているマスクとのこと。

こちらで1枚3,520円で購入できます。

楽天でも似た感じの天然藍染マスクがもう少しお安い価格で販売されています。

3,080円

1,320円

マスクでも地元の特産をアピールするのは、女性ならではの観点でしょうか。

おしゃれなので、男女問わず使用できそうですね。

藍染なので、ファンデーションなどがついても、目立ちにくいのもいいですね。

徳島市長(内藤佐和子)の結婚と離婚?美人?!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuya Matsumoto(@m2one)がシェアした投稿

最年少というだけではなく、美人ということでも話題になっている徳島市長の内藤佐和子市長。

それもそのはず、市長になるまえはテレビ番組のコメンテーターとして活躍されていました。

2013年から約7年間四国放送の情報ワイド番組「ゴジカル!」の月曜日コメンテーターを務めていました。

市長になる前から、徳島の人たちには親しまれていた存在だったんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ずばり!タコ介(@yamamotoseimennoudon)がシェアした投稿

最年少の女性市長ということで、色々な注目を集めている内藤佐和子徳島市長。

これからの活躍に期待ですね。