エンタメ

田丸雅智の大学はどこ?ショートショートの天才に著名人のファン多数

ショートショートといえば、神様とも言われている星新一さんが有名ですよね。

今回ご紹介するショートショートの天才、田丸雅智さんはその星新一さんの唯一の後継者である江坂遊さんが認めている作家なんです。

ですので、星新一さんの孫弟子といってもおかしくはない、田丸雅智さん。

著名人にもファンだと公言している人がたくさんいます。

大学で物理を学んだ田丸雅智さんですが、その大学はどこなのか、作家活動以外の活動もされているということなので、その活動についてもご紹介します。

田丸雅智の大学はどこ?夢は宇宙物理で東大へ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田丸雅智(@m_tamaru)がシェアした投稿


田丸雅智さんはなんと、東京大学出身。

東京大学工学部から大学院まで進んでいます。

田丸雅智(たまるまさとも)

生年月日:1987年12月22日

出身:愛媛県

高校:県立松山東高校

愛媛県出身の田丸雅智さんは県立の松山東高校出身です。

この高校も愛媛県では有名な秀才の集まる高校。そこから東大の工学部ですから完璧なエリートコースです。

高校からの夢は宇宙物理学者だったといいます。そのため、東大へ進学したのですね。

しかし、「宇宙もいいけど、地球にもたくさんの課題がある」と友人に言われ、物理の勉強や研究と平行して、文学作品も読むように。

田丸雅智さんを認めている江坂遊さんもSF系ですし、星新一さんの作品にも宇宙がよく出てきます。

楽天:江坂遊「猫の扉」
楽天:星新一「ようこそ地球さん」
理系の田丸雅智さんはそんな部分から文学の世界に足を踏み入れたのでしょうか。

また、田丸雅智さんはご両親そろって教師の家庭で育ちました。本や教材などが日常的にあふれているお家で育ったので、色んなことに興味が湧いたのでしょう。

「たった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座」

そんな田丸雅智さんの「ショートショートの書き方講座」が2020年の小学4年生の国語の教科書に採用されるとのこと。

両親が教員で、息子は教科書に作品が掲載されているというのはすごいですね!

田丸雅智の大学はどこ?作家以外にも色々活動してた!

 

この投稿をInstagramで見る

 

かづ未(@ninoai13)がシェアした投稿

田丸雅智さんの本業は作家ですが、執筆活動の他にいろんな活動もされています。

即興ライブ

ゲストと一緒にその場で短い作品を書き上げる「即興ライブ」を開催しています。

これには

  • ピース・又吉直樹
  • フルーツポンチ・村上健志
  • もえのあずき

などが参加しています。

お笑い芸人をゲストに迎えた「ショートショート即興ショー」も開催しています。

ショートショートと芸人が作り上げるコントが通ずるものがあるのでしょうか。

大賞

田丸雅智さんは2015年11月、自らが発起人となり、ショートショート大賞を設立しています。自身も審査員として、審査員長も務めています。

また、第15回 坊っちゃん文学賞で新設された「ショートショート部門」の審査員長も務めています。第16回からリニューアルしましたが、そのあとも審査員長は継続しています。

ショートショートガーデン

2017年より、400字を上限にしたショートショートの投稿プラットフォーム「ショートショートガーデン」を立ち上げています。

ここからデビューとなる作家さんもいるんだとか。

田丸雅智の大学はどこ?ファンの著名人は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

田丸雅智(@m_tamaru)がシェアした投稿

作家である又吉直樹さんもファンだと公言しています。2016年に作品「海酒」がピース・又吉直樹主演により短編映画化もされています。

女優の中嶋朋子さんも、ファンだと公言されていますね。

ちなみに私のおすすめは「おとぎカンパニー」

ちょっとブラックなショートショートが好みの方は「やがらす魔道具店と黒い結末」を。

ショートショートの魅力はなんといっても、その短さ。

ちょっとした隙間時間で読めるのがいいですよね。

短いのに読んだあと、じわじわを来るものはあるのもショートショートならでは。長編にはない魅力がたくさんのショートショート。

短編小説の中でも特に短いものをショートショートといいます。

田丸雅智さんは400字を目安にされています。

読書の習慣のない人でも、気軽にチャレンジできるのもショートショートです。

この機会に読んでみてはいかがでしょうか?