エンタメ

あいつ今何してる?京大模試1位の天才は誰?エンジニアから転身理由

2020年4月15日、「あいつ今何してる?」で、スポーツの強豪校、東海大学付属大阪仰星高校出身の超天才がクローズアップされます。

その天才とは、米田肇さんです。

米田肇さんは東海大学付属大阪仰星高校出身。在学時には京大模試の数学で1位を取ったことも。

そんな米田肇さんがシェフに転職した理由、そして世界最速で成し遂げた「偉業」とはなんなのか?

大企業から転職した理由など、簡単なプロフィールとともにご紹介します。

あいつ今何してる?京大模試1位の天才は誰?米田肇は数学の天才だった!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ELLE gourmet(エル・グルメ)(@ellegourmetjp)がシェアした投稿

米田肇さんの卒業した高校は東海大付属大阪仰星高校です。

中学と高校が付属しています。

大阪府枚方市桜丘町にあります。

この東海大付属大阪仰星高校はスポーツの強豪として有名な高校です。

  • 宇薄岳央(ラグビー選手)
  • 海本慶治(元プロサッカー選手)
  • 海本幸治郎(元プロサッカー選手)
  • 吉田朋生(ラグビー選手)
  • 吉田侑樹(プロ野球選手)
  • 橋爪大佑(プロ野球選手)
  • 建山義紀(元プロ野球選手)
  • 轟奈都子(元サッカー選手)
  • 山中亮平(ラグビー選手)
  • 若山智昭(バレーボール選手)
  • 酒井茉耶(アナウンサー)
  • 小坂勝仁(元プロ野球選手)
  • 松坂健太(元プロ野球選手)
  • 上原浩治(プロ野球選(北京、アテネ五輪代表))
  • 森脇秀幸(ラグビー選手)
  • 石田隆司(元プロ野球選手)
  • 川口清行(お笑い芸人(ロシアンモンキー))
  • 大東功一(ラグビー選手)
  • 大畑大介(元ラグビー選手)
  • 中須智一(お笑い芸人(ロシアンモンキー))
  • 中川昌彦(ラグビー選手)
  • 中村伸(元プロサッカー選手)
  • 藤春廣輝(プロサッカー選手)
  • 木津武士(ラグビー選手)
  • 尾田栄一郎(漫画家)

ラグビーやサッカー選手を多く排出しています。

そして、「ONE PIECE」の作者でもある尾田栄一郎さんも東海大付属大阪仰星高校の出身です。

このスポーツが有名な高校で、米田肇さんが没頭していたのが、スポーツではなく数学。

その没頭ぶりにはすごいものがあり、京大模試で1位を取ったこともあるほどでした。

あいつ今何してる?京大模試1位の天才は誰?米田肇エンジニアからの転身!

 

この投稿をInstagramで見る

 

HAJIME(@hajime_restaurant)がシェアした投稿

天才と呼ばれていた高校時代。

そして、そのままその才能を活かし、近畿大学理工学部電子工学科に進学します。

大学で電子工学を学んだ米田肇さんは、NOK株式会社に就職。

機械工業、ゴム工業、自動車部品などを製造している会社で、エンジニアとして働き始めます。

大阪にも支社がありますので、そちらに務めていたのではないか、と思います。

2018年発表のNOKの平均年収は713万6180円

このまま務めていたら、けっこうな年収になったはずの米田肇さん。

ですが、就職からたった1年で退職してしまいます。

悩めるもも
悩めるもも
どうして?!
さくら
さくら
実は米田さんは幼い頃から、ずっとシェフになりたいという夢があったんだって。

しかし、両親には大学までは卒業するようにと言われていました。

なので、得意な数学を学ぶ大学に進学、それを活かした会社に就職します。

ですが、どうしても夢を諦められなかった米田肇さんは退職し、料理学校へ入学します。

さくら
さくら
1年エンジニアとして働いている時に料理学校の資金600万円を溜めて入学したんだって!

あいつ今何してる?京大模試1位の天才は誰?米田肇偉業を成し遂げる!

料理学校を1年で卒業した米田肇さん。

米田肇さんが通っていた専門学校は大阪あべの辻調理エコールキュリネールフランス料理専門カレッジです。

多くの人は10代で修行を開始します。

この時点で、他の学生よりも7年ほど遅れを取っています。

そこで米田肇さんは、最も厳しいといわれる大阪のフランス料理店を選んで修行開始します。

その後、2002年に渡仏。

ロワール地方の一ツ星、二ツ星レストランで働き、2005年に帰国します。

2005年、北海道にあるウィンザーホテル洞爺「Michel Bras Toya Japan」で部門シェフに就きます。

世界最短

2008年 「Hajime RESTAURANT GASTRONOMIQUE OSAKA JAPON」をオープンさせ、自身の店を持つ夢を叶えます。

翌年、ミシュランの三ツ星を獲得

オープンからたったの1年5ヶ月。

これはミシュラン史上最短記録です。

さくら
さくら
とんでもない偉業ですね!

2012年、米田肇さんはさらなる飛躍と革新を提案する為に一日の営業を一回として、店名も「HAJIME」に改めます。

偉業を成し遂げたからといって、決して傲ることなく、さらなる高みを目指している米田肇さんの料理には世界中にファンがいます。

あいつ今何してる?京大模試1位の天才は誰?米田肇プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vincent(@vincenteats.withfox)がシェアした投稿

米田肇(よねだはじめ)

生年月日:1972年10月3日

出身:大阪府

血液型:A型

出身高校:東海大付属大阪仰星高校

出身大学:近畿大学理工学部電子工学科卒業

専門学校:大阪あべの辻調理エコールキュリネールフランス料理専門カレッジ

米田肇シェフのお店はこちら。

現在は「HAJIME」改「ハジメ」になっています。

平均的な予算は60,000円〜80,000円。

食べログでの評価も4.3とさすがですね。

美食の王様・来栖けいさんが自身の著書で絶賛していることでも有名です。

住所:大阪府大阪市西区江戸堀1丁目9−11 アイプラス江戸堀

電話番号:06-6447-6688

営業時間:17時30分~20時30分

石川拓治さんの著書「天才シェフの絶対温度」では米田肇さんが、天賦の才だけではなく、

  • 1日15分しか寝ないで仕事をしていた
  • 経営の勉強を信号待ちやエラベーターの中などの隙間時間も無駄にせず頑張っていた
  • 奥さんが開業前に心配していたこと

などが書かれています。

持ち合わせていた才能だけではなく、努力もたくさんしたからこその今がある、ということですね。

ミシュラン史上、最速での3つ星獲得とは日本の誇り!というファンも。

これからの米田肇シェフのますますの活躍が楽しみですね。