ニュース

白い恋人製造停止いつまで?なんで?再開する?ウポポイとの関係は?

札幌の石屋製菓は、看板商品「白い恋人」の製造を一時停止すると発表しました。

ラングドシャの間にホワイトチョコレートを挟んだ白い恋人は国内外のお土産として、とても人気のあるお菓子です。

北海道のお土産と言えば白い恋人、というくらい全国民に浸透している知名度の高いお菓子です。

その白い恋人が一体なぜ、製造停止なのか?それはいつまでなのか?そして、白い恋人のパッケージに隠されたウポポイとは何なのか?について、ご紹介します。

白い恋人製造停止いつまで?なんで?

白い恋人はその売上のほとんどが観光客です。

コロナウィルスによって、国内外からの観光客の激減が見込まれるため、製造を停止するとのことでした。

感染拡大はこんなところにも影響が出てくるのですね・・・。

工場などで働いている人たちは30日間おやすみなのでしょうか?

お給料は支払われるといいのですが、どうなのでしょう?

白い恋人製造停止いつまで?再開は?

白い恋人が製造停止になるのは30日間だそうです。

すでに2月20日から製造を停止しているとのことで、そこから30日間ということなので、3月20日の春分の日に製造再開する予定だそうです。

他には特に記載はないので、特別なことがない限り、3月20日に再開されそうですね。

それ以上停止期間が伸びないように願うばかりですね。

また、製造停止期間中が見学するコースが無料になるそうです。

白い恋人製造停止いつまで?なんで?食べられなくなるの?

30日も製造しないとなると、街から白い恋人が消えてしまうのでしょうか?

北海道位以外の人は普段自分用に買うことはあまりなく、お土産でもらうか、デパートなどの「北海道展」などでお土産にと購入する立ち位置の白い恋人。

製造されないと聞くと、途端に食べたくなりますよね。

にんげんだもの。

でも、安心してください。

30日も停止しても在庫は十分にあり、店舗などの在庫がなくなってしまうことはないとのこと。

ですが・・・

このニュースを聞いて私にように食べたくなってしまう人もきっと多いはず。

北海道を、白い恋人を、石屋製菓を応援しようと購買運動などが起こったら在庫がなくなりますね。

白い恋人は全国にある北海道のアンテナショップ、デパートの催事場などで購入することができます。

また通販も可。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ISHIYA (石屋製菓) 白い恋人 54枚入(ホワイト36枚・ブラック18枚)
価格:3996円(税込、送料別) (2020/2/22時点)

缶入り。

美冬。おいしそう。

食べたくなった!という方はどうぞ!

こんなリアルなキーホルダーも!

 

白い恋人製造停止いつまで?なんで?白い恋人とウポポイの関係は?

いつからか、気がついたら白い恋人のパッケージの裏に記載されるようになったウポポイ。

「白い恋人はウポポイを応援しています」と書かれています。

ウポポイって何?

調べてみたら、ウポポイとは北海道にある民族共生象徴空間のことだそうです。

なんのこっちゃですよね。

北海道のアイヌ文化復興等のナショナルセンターだそうです。

2020年4月24日、北海道白老町(しらおいちょう)ポロト湖畔にオープン。

アイヌ文化復興・創造の拠点になるようですね。

「ウポポイ」は、アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味するんだそうです。

まだオープンしていない新しい複合施設のようですね。

北海道を代表するお菓子、白い恋人はアイヌ文化を守る活動を応援しています、ということでした。